>   

新着一覧

『残す。西日本豪雨災害 私たちは真備に何を残そうとしたのか』
2021/08/14
書籍「残す。西日本豪雨災害 私たちは真備に何を残そうとしたのか」 3年前の7月、七夕前後に発生した平成30年西日本豪雨災害。 私たちの岡山でも倉敷市真備町をはじめ広範囲で甚大な洪水・浸水被害が生じました。 その後、岡山で ...
詳細はこちら
2020年、本年も誠にありがとうございました。
2020/12/31
2020年 新型コロナウィルス感染が広がる中。 2020年は、大切な人たちに会うこと、楽しみの場所を訪れる事を自粛しなくてはならないのみならず、生活環境が一変した方々もいらっしゃる大変な1年だったような気がします。 熊本 ...
詳細はこちら
油彩画修復事例【作者不明「天使と眠る少女(仮題)」】 ④絵具剥落部分の充填・整形・補彩
2020/12/31
■絵具層剥落部分の充填・整形 絵具層の剥落部分には、ボローニャ石膏を膠で溶いた充填剤を充填します。この充填剤は、乾燥硬化後オリジナル絵具層の筆跡、絵具層の面に合わせてメスで削り整形処置を行います。 ■補彩 充填部分に不透 ...
詳細はこちら
油彩画修復事例【作者不明「天使と眠る少女(仮題)」】 ③キャンバスの破れ
2020/12/31
■キャンバスの破れ ■補布によるキャンバスの破れの補強 ホットテーブル上で適度な温度を加えながら、真空ポンプで加圧しキャンバスの整形を行う(キャンバスの波うち、凸凹状の変形を修正する)。キャンバスの破れ部分は、作品裏面に ...
詳細はこちら
油彩画修復事例【作者不明「天使と眠る少女(仮題)」】 ②支持体(キャンバス)の様子
2020/05/06
■斜光照射観察 :作品の側面からライトを照射し行う観察。キャンバスの損傷(張りのゆるみ・波うちなどの変形・破れなど)、絵具層の状態(損傷状況・マチエールなど)の確認のために行う。 斜光照射観察からわかること 作品キャンバ ...
詳細はこちら
油彩画修復事例【作者不明「天使と眠る少女(仮題)」】 ①昔の補彩
2020/05/06
ー作品データー ■作者:不明(画面左下にサインあり:剥落により判読難) ■タイトル:天使と眠る少女(仮題) ■サイズ:78.1×84.5㎝、厚さ2㎝ ■支持体:麻キャンバス・平織細目、打込み本数13×10本/㎝ ■地塗り ...
詳細はこちら
本年も宜しくお願い申し上げます。
2020/01/07
2020年、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 2018年7月7日の西日本豪雨災害から1年6カ月。 当工房のある岡山県。特に倉敷市真備町では大規模な浸水被害が発生し、今まだご自宅に帰る事が出来ない方、真備を離れてしま ...
詳細はこちら
新【無料作品調査】フォームの完成
2019/01/15
お客様に、より便利・気軽に修復をご検討していただきたくて。 平成29年度補正 小規模事業者持続化補助金に採択され、弊社ホームページ【修復概算見積り】機能をバージョンアップいたしました。 弊社は、以前より【作品調査】をさせ ...
詳細はこちら
本年も宜しくお願い致します。
2019/01/08
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。 「平成」最後の年が終わり、新年を迎えました。 昨年は、西日本豪雨災害により岡山も大きな被害を受けました。 私どもの工房に被害はなかったものの、昨年7月の災害後、被災者様の「大切 ...
詳細はこちら
西日本豪雨災害「大切なもの」無償応急処置できることを出来るだけチーム
2018/08/23
活動報告はこちらから。 平成30年8月3日から有志メンバーで活動を始めている西日本豪雨災害「大切なもの」無償応急処置活動。 活動名称は、少し長いですが、 西日本豪雨災害「大切なもの」無償応急処置できることを出来るだけチー ...
詳細はこちら